Category: ニュースと政治


うわ、このカテゴリは久しぶりに書くなぁ。

ちょっと気になるニュースがあったので
エントリします。
ソースはNIKKEI NETより。

「車免許で二輪125ccまで」 ホンダなど、免許制度変更を要請へ

最初はんんん???
と思いましたが、普通免許ではなく中型免許ってトコがポイントなんだよね。
普通免許で125cc簡単に乗れたら事故増えちゃうよなぁ、と心配してしまいました。
だから、といって中型免許でも大丈夫か?と言われれば
そうじゃない、と思うんですよね。

原付だって、本来ならしっかり教習を受けて試験を設けてから公道に出て欲しい。

自分は先にクルマの免許を取り、その後2輪の免許を段階を踏んで取得して行きましたが、
それで思うのはスクーター(ここでは原付50ccのことです)で公道では走りたくないなぁ、
速度は遅いし、クルマには虐げられるし手軽以外ではメリットを感じません。
むしろ危険を感じてしまいます。
遅いとはいえ、転倒してしまえば大怪我のリスクはあるのですから・・・。

なのでこの免許制度更新はかえって怖いと認識しています。
しっかり教習所で小型2輪(125cc以下)の免許を取ってから
公道に出た方がいいと思います。

今は2輪はまさしく日本国内では冬を通り越して氷河期の時代ですが
だからといってこの制度変更で需要が掘り起こす、というのは
正直安易ではないかな、と思ってしまいます。

それよりも公共の場所に2輪の駐車場を増やし、
2輪に持たれている悪いイメージ(珍走団)の払拭や
安全の徹底、購入時の減税などを行う方向にメーカーが主導していった方がいいと思うのだけれどね。

広告
Nintendo DSでブレイクしたゲーム、「脳トレ」の監修で知られる
東北大学の川島教授が
(YAMAHA)とオートバイの運転が脳に与える効果を調べる
共同研究の結果を発表した、との事。

ニュースソースはITmedia NEWSより。
オートバイ運転で脳の機能向上、ストレス軽減も――川島教授とヤマハ発の研究

昨年5月からこの研究の取り組みをしていたらしい。
ソースは同じく
ITmedia NEWSより。
オートバイ運転は“脳トレ”になるか 川島教授とヤマハ発が共同研究

詳しいことはリンク先を読んで頂くとして、
バイク乗りが実年齢より若く見られる人が多い、という着眼点からこの研究が始まった、という
エピソードが実に興味深い。
確かに知り合いのバイク乗りは大抵若く見られてますからねぇ。
(バイク乗っている時点で若い、という言い方もありますが)

この記事を読む限り、MTのMotorcycleのことを指しているのでビグスク乗りには当てはまらないんでしょうな。
だってアレは右手と左手があれば操作できちゃうものだから。


自分が
Motorcycleに乗らなくなってから久しくなりますが、
あの
Motorcycleに乗っている時の感覚を思い出してみると、
とにかく神経を集中していたから今より集中力があったんじゃないかな~、とか思っています。
(FTRでは結構呑気に乗っていたけど998は気を抜くと色々と
大変なMotorcycleだったのもあるんですが(苦笑))
Motorcycleを操る達成感と走り終えた時の爽快感は堪らないものがありますよね。
そりゃストレス吹っ飛びますよ(笑)。

この記事の話をヨメさんにしたら
「まさかバイク買う気?」
と言われてしまいましたが、それは息子がある程度育って、
金銭的な余裕が出来るまでは買いません。
(一生余裕がないかもしれませんが・・・。orz
宝くじが当たったら撤回するかも恥ずかしい

これを機に、「脳トレ」のブームが起きたように、Motorcycleが街にもっと走れる環境が整うといいですよね。
Motorcycleに対する偏見が無くなるとか、今よりもっと駐輪場が増えるとかね)