Category: 全日本


10月7日は。

ノリックの命日でした。

もう2年も経ってしまった。
2007年は、初めて全日本を観戦した。

それもノリックがWSBKから凱旋帰国したのもある。
今までTVでしか見れなかったノリックが
もてぎのパドックで見られた。

ピットウォークで、
「頑張ってトップ狙って下さい!応援してますよ!」
と声を掛けたら、
「頑張ります。応援してください!」
と威勢のいい返事が返ってきた。

ああ、彼が愛されている理由が瞬時に垣間見れた。

残念ながらもう彼はこの世にいない。
でも、僕らの心の中では勿論生き続けている。

これから世界を目指すライダー達に光を与え続けて欲しい。
我が永遠のアイドル、ノリックへ。

広告
まず、300kmに(YAMAHA)ワークスの参戦がなく、どういうこっちゃとおもっていましたが
こういうことでしたか・・・。
(YAMAHA)公式サイトよりこんな通達が・・・。

参戦の休止について

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
今年本気出さなかったらいつ出すんだよ~、と思いますが
(新型R1はY.A.R.Tがル・マン24時間で勝っていますからポテンシャルは証明済み)
金融危機はとんでもなく近いところまで来ているのか・・・。
中須賀選手もさぞ残念だろうなぁ。
こうなったら何としても全日本2連覇してSBKに行ってくれ!

とひとしきり愚痴書いたところで300kmです。

レースレビューはMFJ SUPERBIKEより。
F.C.C. TSR Honda 秋吉耕佑/伊藤真一組が圧勝!

ぶっちゃけ、宇宙人とスーパーベテランが組みゃ、そりゃ勝つの目に見えているだろがー、
と思ってしまうレース展開でした。

とはいえ、燃費トラブルさえなければ
結構いい勝負になったらしい#634 MuSASHi RT HARC-PRO.号。
山口辰也選手とコニタンのコンビで2位獲得。

今年のヨシムラは優勝候補と名乗るには若干頼りなさげかもなぁ。
それでも3位確保ですが。

チームグリーンが鬼門の鈴鹿で4位獲得。
柳川選手の鈴鹿苦手もようやく対策が見えてきたかな?
できれば8耐参加して欲しかったけど・・・。

さて2009年の鈴鹿8耐の暫定エントリーリストが発表されました。
鈴鹿8耐(PDF)

ばっと目を通して見ましたが
(YAMAHA)、(KAWASAKI)ワークスいないわ、
海外からの参戦がめっさ減っているわ、
やはり国内のエントラントも減っているわで寂しい限りです。

こーなれば人とは少し違うニッチなトコロを応援するぞ~というわけで

#5 TRICK☆STAR RACING(KAWASAKI)
ZX-10R
国内(KAWASAKI)最強サテライトチーム、井筒&武石&鶴田の組み合わせは往年のファン滝涙!

#7 YAMAHA AUSTRIA RACING TEAM (YAMAHA)
YZF-R1
略称Y.A.R.T。ホワイトのストロボラインがカッコいい、しかも新型です)

#18 ラベレッツアスピード&PIAA (DUCATI)
999R(まだ999Rで行くとはびっくり!)

#55 GAGNER H.M.F (SUZUKI)
GSX-R1000K7
(毎回読むの楽しみにしている、人生立ちゴケのletmerollitさんが鈴鹿300kmでヘルパーしていたチームです)

#99 テルル ハニービーレーシング
CBR1000RR(関口太郎選手がいるので)

てなトコロでしょうかね。
8耐は滑り込みでチームやライダーが入ってくることもあるので
そこは期待して待ちましょうか。

オートポリスの第3戦。
まぁ、荒れた天候、
レースでも色々あったみたいですが・・・。

#3 JSB1000決勝レース結果

1. #634 山口 辰也 (HONDA)
CBR1000RR MuSASHi RTハルクプロ

+0.000

2. #39 酒井 大作 (SUZUKI)
GSX-R1000K9 ヨシムラスズキwithJOMO

+5.329

3. #1 中須賀 克行 (YAMAHA)
YZF-R1 YSP Racing Team

+5.524

4.
#87 柳川 明 (KAWASAKI)
ZX-10R TEAM GREEN
+12.883

5. #2 大崎 誠之 (YAMAHA)
YZF-R1
SP忠男レーシングチーム
+28.897

6. #51 高橋 英倫 (KAWASAKI)
ZX-10R TEAM GREEN
+34.623

7. #8 亀谷 長純 (HONDA)
CBR1000RR Honda DREAM RT 桜井ホンダ
+34.756

8.
#33 伊藤 真一  (HONDA)
CBR1000RR KeihinKoharaR.T.

+44.046

9. #77 井筒 仁康 (KAWASAKI)
ZX-10R TRICK☆STAR RACING
+55.92

10. #44 児玉 勇太 (HONDA)
CBR1000RR ウイダーD.D.BOYS

+58.222



13.
#83 須貝 義行 (DUCATI)
1098R チームドゥカティレーシングジャパン
+1’23.117

以下、24台完走。

・実は意外なことにハルクプロはJSB1000では初優勝。
その優勝をもたらしたのは山口 辰也選手。
安田選手で表彰台常連になっていたのだけれど、そういえばそうだった。
監督、本田重樹氏のコラムでも今回の嬉しい初優勝の事を書かれています。

Title: JSB初優勝!

オートポリスに着くまでに色々あったみたいですねぇ(笑)。
ポイントは僅差ながらも現在ランキング1位。
念願のシリーズタイトルに向けて着々と計画は進んでいるとか。

・2位は途中イトシンと接触したものの、最後にスパートを掛けて追いついた
酒井大作選手。

3位は予選では速さを見せたものの決勝では結果がまだ出ていない新型YZF-R1を駆る
中須賀選手。
まだまだ何かがハマッていない感じがしますが・・・。
夏で一皮剥けて後半戦頑張って欲しい。
今年チャンプ取ればSBK行けるでしょうから。

TEAM GREENは4位に柳川選手。
スポット参戦の高橋 英倫選手が6位に入賞。
このペアは鈴鹿300kmを走るそうですが、
このまま鈴鹿8耐へ参戦してくれないかな~。

・9位に全日本復帰後初ポイントとなる井筒選手。
鎖骨はまだ完治していなさそうなのに流石元全日本チャンプですねぇ。

(DUCATI)プライベータの星、ライダースガイが13位ポイント獲得。
納得のいく結果ではないらしいですが3戦連続完走しかもポイントです。
見上げればワークス仕様のライダーがゴロゴロいる状態で
しかも1098Rを初めて走らせている事を考えるとスゴいと思うんだけどなぁ。
贔屓目に見すぎでしょうか。

さて、全日本は長いインターバルを挟んで次は菅生サーキットです。
その間に鈴鹿300kmと鈴鹿8耐があるんだけどね。
もう少し全日本戦、増やしてくれないかなぁ・・・。

SuperGTと併設になった全日本第2戦。
新生鈴鹿サーキットお披露目となった本戦は正直見に行きたかった・・・。
(関東在住ですと日帰りはまずムリなんであきらめてますケド)

正直気になるのはJSB1000。
昨日のスーパーポールで宇宙人こと秋吉選手が
前人未到の2分6秒中盤に入れてしまう兆速ぶりを発揮。
(想定タイムは5秒7らしいのでまだまだ詰める余地があるってんだから
最近のJSB1000のマシンも末恐ろしいコトになってきましたね)

では結果。

#2 JSB1000決勝レース結果

1. #5 秋吉 耕佑 (HONDA)
CBR1000RR F.C.C.TSR Honda
+0.000

2. #634 山口 辰也 (HONDA)
CBR1000RR MuSASHi RTハルクプロ
+5.635

3. #39 酒井 大作 (SUZUKI)
GSX-R1000K9 ヨシムラスズキwithJOMO
+6.011

4. #1 中須賀 克行 (YAMAHA)
YZF-R1 YSP Racing Team
+7.01

5. #33 伊藤 真一  (HONDA)
CBR1000RR KeihinKoharaR.T.
+27.069

6. #8 亀谷 長純 (HONDA)
CBR1000RR Honda DREAM RT 桜井ホンダ
+30.806

7. #2 大崎 誠之 (YAMAHA)
YZF-R1
SP忠男レーシングチーム
+31.022

8. #62 横江 竜司 (YAMAHA)
YZF-R1 RT森のくまさん佐藤塾
+32.475

9. #56 高橋 巧 (HONDA)
CBR1000RR バーニングブラッドRT
+38.719

10. #87 柳川 明 (KAWASAKI)
ZX-10R TEAM GREEN
+38.953

11. #51 高橋 英倫 (KAWASAKI)
ZX-10R TEAM GREEN
+1’16.355

12. #32 今野 由寛 (SUZUKI)
GSX-R1000K9 MotoMap SUPPLY
+
1’20.580

13. #77 武石 伸也 (KAWASAKI)
ZX-10R TRICK☆STAR RACING
+
1’20.681

14. #17 波多野 祐樹 (SUZUKI)
GSX-R1000K9 アサカワスピード
+
1’21.976

15. #83 須貝 義行 (DUCATI)
1098R チームドゥカティレーシングジャパン
+
1’54.824

16. #25 鈴木 慎吾 (HONDA)
CBR1000RR MOTO WIN RACING
+
1’55.046

17. #30 清水 郁巳 (HONDA)
CBR1000RR ホンダドリームR.T高崎B’WISE R.T
+2’04.768

18. #36 桐井 有希 (HONDA)
CBR1000RR BATTLE FACTORY
+2’07.568

19. #60 矢野 大輔 (HONDA)
CBR1000RR Pacific Diner Service NALT
+2’08.671

20. #40 大西 敬紀 (SUZUKI)
GSX-R1000K9 O・H・MwithDRAGON
+2’09.436

以上がポイント獲得。
完走41台。

・宇宙人超独走の巻・・・。
という感じで圧倒的な速さで優勝。
写真はHONDA公式より拝借。

#5_win#2suzuka

むしろレース的にには2位争い以下の方が面白かったらしい。

レポートはコチラをどうぞ
MFJ SUPERBIKE
決勝レポート

8耐観戦塾blog
■JSB1000 決勝後 TOP3記者会見

このblogでは秋吉選手が’09開発先行型、
山口選手は’08モデルということで若干の差があったとのこと。
しかし、このデータは各チームに下りてくるとのことなので、
鈴鹿300km、鈴鹿8耐では
(HONDA)ユーザは更ならアップデート
が施されそうですね。
今年はワークス参戦なしの
(HONDA)ですが、他のメーカーも安穏としていられない
だろうな。

・中須賀選手はファイナルラップでハイサイドしかけものの、何とかこらえて
4位入賞。
頚椎の6番目を骨折しているとのことですが、よく決勝走りきったなぁ。
素晴らしい精神力の持ち主です。
写真はYAMAHA公式より拝借。

#1_pos4#2suzuka

・イトシンが思ったよりも決勝では伸びなかったのが気になる。

(KAWASAKI)勢では柳川選手が10位、スポット参戦の高橋選手が11位、
そして井筒選手の代役参戦した武石選手が13位。
今年は
TEAM GREENとTRICK☆STAR RACINGの共闘が見たいなぁ。

・孤軍奮闘の須貝選手、今レースでも見事ポイント獲得。
(DUCATI)ユーザの希望の星です。今後も頑張って下さい。

ソースはMFJ Superbikeより。

中須賀克行が圧巻のコースレコード!

昨年のJSB1000チャンプ 中須賀選手が
操るNew YZF-R1が非公式ながらコースレコードをマークした、との事。
今年は既にSBKでベン・スピーズが大暴れしているだけあって、
JSB1000でも他のメーカーからは脅威に感じることでしょう。

しかし、全日本で思うことはとにかく情報不足。
今回のテストもなんかサラっと流されて終わっているので
折角の機会がとても勿体無く生かされていない感じがします。

開催数が少なくテストも制限されているので、そういうテストの状況などのレポートを
より詳細にしていくと(You Tubeなどでアップするのもよし)面白いのになぁ、と思っているのですが・・・。
そこそこの解像度の写真を著作権フリーで配ったりとかしたりしてね。

MFJさんももう少し頑張った方がいいんじゃないかな?

と愚痴ってもしょうがないので、よく読む関係者のblogのハイパーリンクを貼り付けておきます。
少しはどんな状況になるのか把握できるかも?

F’s News
二日目

87ブログ
二日目

鶴田竜二ブログ
筑波事前テスト2

酒井大作選手(ヨシムラ)の応援サイト
2番手だったんですね

ソースはMFJ Superbikeより。

最新年間エントリーリスト

今年気になるライダーをカテゴリー別で。

・JSB1000

優勝候補筆頭は昨年度のチャンプ中須賀 克行選手。
対抗にヨシムラの酒井 大作選手、伊藤 真一選手。そして柳川 明選手。

期待したいのが (DUCATI)1098Rを駆る須貝 義行選手と
古巣の
(KAWASAKI)から復活の井筒 仁康選手。
若手ではバーニングブラッドから参戦のGP250チャンプ、高橋 巧選手、というところでしょうか。
しかし、最高峰クラスも結構ベテランが増えてきましたね。
頑張れ若手!そして世界に行ってくれ。

・ST600

今年は稀に見る激戦区となるこのクラス。
優勝候補は勿論ディフェンディングチャンプ、コニーこと小西 良輝選手。

対抗ではSBK帰りの中冨 伸一選手にJSB1000から出戻った佐藤 裕児選手と
HRCワークスから古巣TSRに戻った手島 雄介選手。

期待枠(?)では2st250ccから4st600ccへクラスチャンジをした関口 太郎選手。
てら~んこと寺本 幸司選手。
Moto1チャンプの大楽 竜也
選手などなど。

・GP250

今季限りの廃止が決まったこのクラス。
出走台数が10台と完走すればポイント獲得となる寂しい状況ですが、
ここの優勝候補はやはり宇井 陽一選手でしょう。

対抗は及川 誠人選手かな。

・GP125

ベテランと若手が鎬を削る世界でも類を見ない軽量級クラスです。
チャンプ候補は菊池 寛幸選手、徳留 真紀選手といったベテランは勿論のこと、
ノビーの秘蔵っ子、日浦兄弟や同じくRed Bull Rookies Cupで戦った篠崎 佐助選手もいますね。
宇井選手のダブルエントリーも気になるし、ST600に次ぐ激戦区となりそうです。
ジョーヤンこと仲城 英幸選手とケンタ選手、安村 武志選手が4st 250ccのプロト仕様で
参戦とのこと。

・GP-Mono

将来はGP125との融合が図られるのか、それともホビーレースとして行くのか
未だに見極めが難しいこのクラス。
ケンタ選手、中木 亮輔選手
、小室 旭選手のいずれかがチャンプに一番近いかと思われ。
ケンタ選手はGP125とのダブルエントリー。

レースの開催数が少ないので一回の転倒が命取りとなる全日本。
できれば今の倍はレースの開催数を増やして欲しいよねぇ。

今年はもてぎあたりで見に行ければいいなぁ・・・。

ソースはつるりゅうこと鶴田竜二さんのblogより。
サプライズ!

(KAWASAKI)ワークスで2000年にスーパーバイククラスで
2004年にはJSB1000で桜井ホンダで全日本タイトルを獲得し、
その後プロゴルファーを目指して引退していた
井筒 仁康選手が今季、「TRICK STARレーシング」から
復帰するそうです。

夏の鈴鹿8耐も武石 伸也選手とともに参戦するとか。
おおー、噂はされていたけど、遂に正式発表されましたか。

実は井筒選手は僕と同い年。
以前からずっと気になるライダーの1人で
(KAWASAKI)ワークスから(HONDA)ワークス
への移籍にはとてもびっくりしましたが、彼もCBR1000RRのデビューイヤーで
タイトルを取らせるべく獅子奮迅の戦いをして全日本と鈴鹿8耐の二つの
タイトルをもたらすことができた2004年のシーズンは思い出深いものがあります。
この年で引退することになったのですが、彼が今年復帰を決意したのは
もう少ししたら色んな媒体で明らかになるはずなのでその時まで待ってみたいと思います。

以前から何度か書いているSBK観戦のうちの2002年で、
当時井筒選手は(KAWASAKI)ワークス在籍中にやっと掴んだSBK参戦でしたが、
凱旋帰国となる菅生ラウンドで初日に転倒して左手首を骨折して
(その後ギブスをつけてピットウォークではファンサービスしていましたが)
その走りが見られなくて残念な思い出がありました。
それまでは750ccだった4気筒マシンのライダー達の中では一番いい走りを披露していたのですけどね。
2000年には菅生で衝撃のダブルウィンをかましていたのでその分の期待が大きかったのもあるんですが・・・。
(この頃は2気筒1,000ccマシンが強すぎてあの
(HONDA)が4気筒から
わざわざこのレギュレーションの為にVTR1000RRをSBK用に開発していたぐらいでしたから

この写真はその時に撮った蔵出しです。懐かしい思い出ですね。

#14_2002_sugoh

今季はJSB1000も台数減少に苦しんでいますが、井筒選手の復帰で
少しは面白くなりそうな予感がしてきました。

2006年~2008年と(YAMAHA)のプライベータチームで
SBKに参戦していた、

中冨 伸一選手が全日本に帰ってきます。
SBKではマシンに恵まれず、苦戦を強いられながらも3年間頑張って参戦していました。
ベストリザルトは2006年のブルノのRace1 8位と同じく2008年のヴァレルンガのRace2 8位ですね。
ちなみに初年度はノリックのチームメイトとしてスタートしてました。

写真はCrash.netより。

#38_Vallelunga_Race2_Pos8

そしてソースはMFJ Superbike公式より。
中冨伸一がRC甲子園からST600に参戦!

所属するチームは(YAMAHA)系の有力チームである
RC甲子園に決まったそうです。

チームメイトはSBKで史上最年少優勝を飾り、
昨年はRC甲子園に移籍した武田雄一選手がチームメイトとなります。
(そういう意味ではかなり豪華なラインナップとなりました)
このコンビ、実はTeam髙武と桜井ホンダ、で2000年に鈴鹿8耐でコンビを組んでいたんです。
当時のリザルトは4位!
今年はこのコンビで8耐狙うのかな?

3連覇を狙うコニーもウカウカしていられないかもしれません。
トミーも是非世界での経験を全日本にフィードバックして、また世界に旅立てるといいですね。

1990年代のGP125において、ノビー(上田昇)、カズート(坂田和人)とともに
思い出深いのが

昨年までF.C.C TSRで頑張っていた
辻村 猛選手
が昨季をもって引退することになりました。

ソースは
TSR公式より。
辻村猛 現役引退のお知らせ

「ぶちかまします!」とTV大阪がGPの放送をやっていた時に
よく言っていたのももう15年以上も前のことなんですよね・・・。
実際よくぶちかましてくれて(いい意味でも悪い意味でも(笑))
1993年、1994年とGP125のランキング3位。
GP250でも1997年にはランキング7位と好成績を残しています。

GP挑戦後は1999年~2002年は全日本の(YAMAHA)ワークスで大排気量マシンで頑張り、
その後は古巣の
F.C.C TSRに戻って、ST600では2004年に全日本タイトルを獲得。
(JSB1000とST600のダブルエントリーは大変だったと思います。)
2006年にはイトシンと組んで念願の鈴鹿8耐の初優勝を飾りました。

今年の(HONDA)のラインナップから名前がなかったこと、
そして某blogで彼らしきライダーが引退したこと、を知っていたので
驚きはなかったのですが、この先レースを続けていくモチベーションを保つのは
並大抵ではできないという判断をしたのでしょう。

近年は負傷などで思うように「ぶちかます」レースがなかなかできなかったでしょうが、
ロードレースファンを楽しませてくれた記憶に残るライダーの1人となりました。

タケちゃん、お疲れ様でした。
写真は蔵出し、2002年のSBK菅生ラウンドより、まだYZF-R7を駆っていた頃のものです。

2002_sugo_tsujimura

昨年の最終戦でJSB1000クラス初優勝を飾った
酒井大作選手がエースとして起用。

ネタ元はヨシムラジャパン公式より。

そして驚いたのが前年HRCワークスに所属していた
徳留和樹選手が、鈴鹿300kmと鈴鹿8耐にスポット参戦することが決まっています。
マシンは新型となる
(SUZUKI) GSX-R1000K9。

しかし、徳留選手の移籍ということは、同じくHRCワークスにいた手島選手も
F.C.C.TSRに移籍してしまったのでHRCワークスは消滅?ということになるんでしょうかね。
(HONDA)はF1撤退したり、何だかんだでコストカットを進めていますが
そのあおりがJSB1000まで来るとは思わなかった・・・。)

徳留選手も才能のあるライダーなので、できれば全戦出場して欲しかったのですが、
昨今の不況でマシンを用意する事ができなかったのかな?

いずれにしても大作選手は今季全日本チャンプの最右翼です。
ディフェンディングチャンプの中須賀選手や、今季進退を賭けるイトシンといった
強豪に打ち勝つ走りを是非見せてもらいたいところ。

で、

「宇宙人」こと秋吉耕祐選手はやはりあそこへ行ってしまったのでしょうか・・・。
彼の恐ろしいぐらいの速さを追求する姿がレースで見れなくなってしまうのは
勿体無い気がするのは僕だけではあるまい。