Category: BSB


これまで「プライヴェータ・カップ」というクラスが
BSBには存在していたのですが、
来年より、「BSB Evo」として名を変え、
レギュレーションを変更して開催されるとの事です。

ソースはCrash.netより。
BSB announces new ‘Evolution’ class for 2010

主な変更点として、

・シャシーはSBKのモノを使用しても良い。
エンジンは厳格に管理された「ストック」状態であること。
・準拠されたECUを積む事。
(これによりトラクション・コントール、ローンチ・コントロール、アンチ・ウィリーなどが無効となる)
・このクラスはFIMより承認され、新たなライダーとチームの参加を呼び掛けるもの。
年間の予算が最大でも20万ポンドで
チューニング、エンジンのリ・ビルド、複雑な電子制御・パッケージが賄われるらしい。

近年の経済危機で万国皆金欠状態、ということですね。
そこでこの「BSB Evo」を新設することで、高価な電子制御の部分を一律の仕様に
統一してコストの削減を図り、イコールコンディションを作って行こう、というのが目論見みたいです。

既に、次戦のシルバーストーンにてイギリスのナショナルストック1000のチャンプ、
アラステア・セーレィがこの仕様でBSBに参戦します。
GSX-R1000K9はエンジン、ギアボックス、クラッチはノーマルあり、
ヨシムラ製の「EM Pro」と呼ばれる電子制御パッケージを積んだマシンで戦うとのこと。

一昔前は、シャシーやスイングアームが規制の対象だったスーパーバイクが
エレクトロニクスが規制対象になるなんて・・・。
時代はいつも動いているなぁ。

広告
といってもスポット参戦ですが・・・。
CrashのFeedでこのエントリを見た時は流石にビックリしました。

Kiyonari back to BSB, HM Plant for Croft

負傷中のグレン・リチャーズのリプレイスライダーとして
BSBに復帰する模様。

イマイチ調子が上がらないキヨに対して走るチャンスを作ったのは
(HONDA)の親心と僕は解釈しています。
(この判断は都落ちした、と思う方もいるとは思いますが)
(KAWASAKI)ワークスもBSBにスポット参戦して
若干ですがマシンのパフォーマンスも上げてきていることだし
次のCroftは面白そうです。

懸念材料は。。。
やはりサスペンションがまた変わってしまうことでしょうか。
昨年から
WP

KYB

Öhlins

WP(イギリス、ドニントンパークRdで一度元に戻す)

Öhlins

SHOWA(HM Plant HondaのマシンがSHOWAを採用している)

と変遷しています。

サスペンションは路面と接触する神経みたいなもの、
と僕は思っているので各メーカーがそれぞれキャラクターを持っていて
相性や好みが合わないとマシンが走らない場合が多々あります。
そういうのを気にしないライダーもいるにはいるのですが、
今年のキヨは仕様変更でセッティングを振り回されている感があるのです。
なので折角調子が上がりつつあるキヨがまたサスの違うマシンに乗って
リズムを崩さなければいいな、と思うのですが。。。

しかし、同じナショナルチャンピオンシップのBSBは何とかアノ手コノ手を
使って盛り上がていこうとしているのに、
(ブランズハッチのSBKクラス3ヒートとか)
全日本のJSB1000で凱旋レースとか、こういうことが行われなくなって久しい気がする・・・。
ユッキーやキヨがやったのも随分日が経ってしまいましたしね)

BSB公式も見ましたが歓迎ムードで嬉しいです。
King Kiyo returns

今シーズンもエントリこそ書かなかったけど
BSBもウォッチしておりました。

で、

多分今シーズン初エントリになると思うけど
何故このタイミングで書いたかと言うと・・・。

第8戦 ブランズハッチ


SBK参戦している
Kawasaki Wolrd Superbike R.T.
がブロック・パークスとタマヤンこと玉田 誠選手の代役として
シェリダン・モライスを擁して参戦。

しかも3ヒート!

MotoGPやSBKを喰うイベントにしようとする意気込みが
感じられるサイトがコチラ。
bigbrandsbash.com

BSB 3ヒート+サポートレースが8つ!+伝説のGPライダーのデモ走行=1 mega Weekend!
という煽り文句がいいですね~。
全日本もコレぐらいの意気込みでレースを開催してみたらどうでしょうか。
イヤ、マジで必死にやらんとダメだよホントに。

では、Roll For Pole(所謂ノックダウン式スーパーポールのことですね)
の結果です。

1. #2 レオン・キャミア GBR (YAMAHA)
YZF-R1 Airwaves Yamaha
1分26秒860

2. #23 ブロック・パークス AUS (KAWASAKI)
ZX-10R Kawasaki SRT
1分27秒093

3. #100 シェリダン・モライス RSA (KAWASAKI)
ZX-10R Kawasaki SRT
1分27秒263

4. #5 カール・ハリス GBR (HONDA)
CBR1000RR Hydrex Honda
1分27秒372

5. #33 トミー・ヒル GBR (SUZUKI)
GSX-R1000K9 Worx Crescent Suzuki
1分27秒489

6. #7 ジェームス・エリソン GBR (YAMAHA)
YZF-R1 Airwaves Yamaha
1分27秒585

7. #9 クリス・ウオーカー  GBR (YAMAHA)
YZF-R1Motorpoint/Henderson Yamaha
1分27秒658

8. #31 カール・マガリッジ AUS (HONDA)
CBR1000RR HM Plant Honda
1分27秒836

9. #17 マイケル・ルター GBR (KAWASAKI)
ZX-10R MSS Colchester Kawasaki
1分27秒860

10. #3 スチュアート・イーストン GBR (HONDA)
CBR1000RR Hydrex Honda
1分28秒366

以上がQ3進出。
以下、

19. #76 渡辺 篤 JPN (SUZUKI)
GSX-R1000K9 Relentless TAS Suzuki
1分28秒981

出走台数28台。

・FPでは常に上位に顔を出していたワークス(KAWASAKI)
パークス、モライスを抑えて現在BSBのポイントリーダーである
レオン・キャミアがポールを獲得。
流石にスポット参戦でもレギュラー組が負ける訳にはいきませんもんね。

詳しい流れはBSB公式よりどうぞ。
Swan Combi 50 – Roll for Pole: Live updates

過去モリワキから鈴鹿8耐に3度参戦しているので、
覚えている方もいらっしゃるかと思いますが、彼はここまで成長していました。
この調子なら来季はSBK進出なるかな?

・トミー・ヒル、カール・マガリッジといったついこの間までSBKで参戦していたライダーに、
元SBKライダーのクリス・ウオーカー、元MotoGPライダーのジェームス・エリソン
と強豪がひしめくBSB。
そりゃ見応えありますって。

・昨年から参戦している渡辺 篤選手ですが、
トップから2秒以上離されています・・・。
今年が正念場だけに昨年以上の成績を期待していたのですが
現状は厳しそうです。

さて、この後Race1が始まるみたいなのですが、もう少し時間は先みたいです。
流石に眠気にゃ勝てません・・・。
明日(以降)レビューを書いていきましょうかね。

先日のチェコ・ブルノでやっと復帰した
タマヤンこと

#100 玉田 誠 JPN (KAWASAKI)
ZX-10R Kawasaki Wolrd Superbike R.T.

がBSBのブランズハッチにスポット参戦する予定でしたが、
Race2(まだレビュー書いてないや)でランジーに追突されて
痛めていた指を骨折、リタイアしてしまいました。

これで次のドイツ・ニュルブルクリンクまで静養しなければならず
その代役として、南アフリカ・キャラミラウンドで活躍した

#132 シェリダン・モライス RSA (KAWASAKI)
ZX-10R Kawasaki Wolrd Superbike R.T.

が務めるそうです。

ソースはCrash.netより。写真も以前のモノを拝借します。
Morais to stand in for Tamada at Brands

#132_BSB_

ブルノではWSSで、ドニ・タタ・プラディタの代役として
5位入賞を果たし面目躍如な彼は、
注目度の高いBSBでどれだけ成績を残せるのか楽しみです。

SBKのチームが調整を兼ねてBSBに参戦するのはよくある事です。
以前はハガノリも2004年にRenegade DucatiでSBKに参戦していた頃は
同じくスポット参戦をしていました。

Kawasaki Wolrd Superbike R.T.の母体も元はPaul Bird Racingといい
一昨年までBSBでStobart Hondaとして活躍していたチームです。
なので今回は里帰りみたいなものですね。

とはいえ、本音はタマヤンにBSBを走って貰いたかったのですが
(渡辺篤選手とのバトルも見たかったし)、
あくまで照準はSBKのレースに出る事だと思うので、しっかり治して復活して欲しいです。

最後に、
今度のブランズハッチってRace3まであるんだって・・・。
土曜日の夕方にRace1。
日曜日にRace2とRace3!

走る方は大変だな・・・。

昨日、MotoGPはドイツでザクセンリンクでのレースがありましたが、
同日BSBではマロリーパークでレースがありまして、
(ウォッチはしているけど最近エントリ書いてないなぁ)
そこでBSBでは名門のHM plant Hondaに乗るエース、

ジョシュ・ブルックスが

Race1の23周目でムリな追い越しをしようとしてハイサイド。
何と6台を道連れにするマルチプル・クラッシュを起こして
赤旗中断を引き起こしたペナルティで、
次のブランズハッチ、キャドウェルパークの2戦が出場停止となりました。

ソースはCrash.netより。
Brookes receives two race ban

赤旗中断を説明したエントリはMCNにて詳細が出ています。
写真も拝借しています。
The BSB Race Director’s Guide to Red Flags

S/Bike Crash

優勝を狙える位置にいた(KAWASAKI)系のチーム、
MSS Colchester Kawasakiに所属する
#7 シモン・アンドリューズ
からはこんな恨み節も・・・。
ソースはBSB公式より。
Andrews: That was our win

ブルックスはライディングが荒いライダーだったらしいのですが、
(MotoGPからBSBに移籍してきたシルヴァン・ギントーリがドニントンパークで骨折したのも
ブルックスとのクラッシュが原因とのこと)
出場停止処分を喰らうようなレースはいただけません・・・。
このクラッシュにより親指を骨折。

これだと、今週末にある鈴鹿8耐はどうするのでしょうか。
Honda DREAM RT 桜井ホンダ
よりエントリしているんですが・・・。
代役立てるのかな?

昨シーズンはMotoGPにてPramac RacingでDesmosediciGP8を走らせていた

#50 シルヴァン・ギントーリ FRA (SUZUKI)
GSX-R1000K9 Worx Crescent Suzuki

が第3戦ドニントン・パークにて
ジョシュ・ブルックスと接触転倒で足を骨折してしまったとの事。
ソースはCrash.netより。
Guintoli suffers broken leg at Donington

BSBに来て体勢を立て直して、もう一度世界を目指すはずだったのに
とにかく「痛い」ケガです・・・。

そしてMCNにはこんな記事が。
Who will replace Sylvain Guintoli?

もう代役予想ですか。ちょっとタイミングが早過ぎるよなぁ気がするが
そういうネタもモータースポーツが盛んなお国柄かも知れません。
(日本だったらすぐに代役予想とか立てないと思う)

・マイケル・ルター
・グレゴリオ・ラヴィア
・アラステア・シーレイ
・マイケル・ラヴァティ
のいずれかになるらしい、とMCNの記者は予想しています。
やっぱり、自費でGSX-Rを購入しマン島TTに出ようとしているルターではないかな~?

以前、
#14 渡辺 篤 JPN
(SUZUKI)
の移籍をこのblogのエントリで書きましたが、

【BSB】渡辺篤選手移籍へ。


彼のチームメイトが決まりました。

ソースはMCNより。
Relentless Suzuki sign Ian Lowry for Superbikes

イアン・ロゥリィー(適当読み、今後(SUZUKI)の公式サイトで
正確な読み仮名が出たら変えます。

という21歳のアイルランド人だそうです。

今季所属していた、マイケル・ラヴァティは他のチームへ移籍するとのこと。

来季SBKに参戦するトム・サイクスみたいに化ける可能性のあるライダーだそうです。
BSBは層が厚いね。

(HONDA)のイギリスにワークスに当たる

HM Plant Honda

のラインナップが決まりました。
ソースはMCNより。(他も色々あり)

HM Plant Honda confirm Glen Richards and Josh Brookes

今季(TRIUMPH)675でBSS(British Supersport)のタイトルを奪取した
(前年にはSTK1000でもチャンピオンになっています)
#45 グレン・リチャーズ

WSS(World Supersport)でHANNspree Stiggy Motorsport Hondaから
参戦、今季はドニントンパークで勝利を挙げている
#25 ジョシュ・ブルックス

の2名になりました。

どちらも意外な人選と思うけど、
(ジョシュは
HANNspree Stiggy Motorsport HondaがSBKクラスに参戦するので
レオン・ハスラムとともにSBKクラスへステップアップするのか、と思ってましたから

このチームから世界に飛び出すライダーも多いので来季が楽しみですね。

今季はキヨナリ、ジョニー・レイが、
来季はレオン・ハスラムにカル・クラッチローが世界で戦うことになっていますから。


そしてこの二人は恐らく鈴鹿8耐への参戦の為に来日してくることでしょう。
(ジョシュは何度も8耐を経験済み、しかし今年はファクトリー仕様のマシンに乗れるはず)
名前を覚えておいて損はないでしょう。

MotoGPとBSBのどちらにもメインスポンサーとして
サポートしていた
 
Rizla(葉巻を作っている会社です)
 
がBSBのCrescent Suzukiのメインスポンサーを撤退するとの事。
 
ネタ元はCrash.netより。
 
BSBでもユッキーや渡辺篤選手がこのカラーリングで走っていたので
それが無くなってしまうのは残念ですね。
 
#71_2003BSB
 #14_cresent
MotoGPの方は継続らしいね。
 
来年はMotoGPからシルヴァン・ギントーリが移籍してきますが、
これはスポンサー持込みなのか、それともCrescent Suzukiとして走るのかは
もう少し先にならないとわからないなぁ・・・。
噂をされていた来季のシート喪失ですが現実となりました。
 
#50 シルヴァン・ギントーリ FRA (DUCATI)
Desmosedici GP8 Alice Team
 
が2009年シーズンは
Rizla Suzuki(Crescent)への移籍が決まりました。
 
#50_nextBSB
 
ソースはCrash.netより
 
今季のRizla Suzuki(Crescent)のライダー2人が来季は
SBK行ったり、別のチームに移籍するので空いたシートに
座る訳ですが、以前は
Yamaha Motor Italia WSB Team
のテストを行ったとか色々あったんだけどこのチームのシート
も既に2人分確保されてしまったからねぇ・・・。
 
その時のテストネタはSBK公式より、
 
昨年Tech3で(YAMAHA)のマシンに乗っていたからあながちこれもありかと
思ったのですが、ここのシートを確保できないとは・・・。
 
Rizla Suzuki(Crescent)もユッキーこと加賀山就臣選手や、
今年のチャンプとなったシェーン・バーン、
WSSからSBKへ移籍したクリス・ウォーカーなどが在籍していた
(SUZUKI)の所謂ワークス系チーム。
結果を残せば再度世界への道が開かれるだけに頑張ってもらいたいところ。
 
ダンロップタイヤでYZR-M1を走らせて時折光る走りを見せたギントーリ。
MotoGPも結果が残らないと直にメンバーが変わるから厳しい世界だよなぁ・・・。