Category: DVD(映画)


息子の体力を思いっきり削ってやっと寝てくれました。
これからこれを見ます。
(昼間にDVDってなかなか見れないですよ、子供が小さいとね)


今日はSBKがオーストラリア、フィリップ・アイランドで
また合同テストがありましたがその記述は後ほど・・・。

広告

【DVD】The Dark Knight

実は大晦日から正月にかけてTVは一切見ないで
TSUTAYAでダーク・ナイトを借りてヨメさんのPCで
見ていました。
(遂に初期型PS2が壊れてTVで見れなくなってしまった事情アリ)

内容はここではネタばれになるので書きませんが、
これはとにかく面白かった。
ジョーカー役のヒース・レジャーの怪演、
執事のアルフレッド役のマイケル・ケインや
バットマンの装備品を開発するブルースの会社の社長役、
ルーシャス・フォックスを演じたモーガン・フリーマンがいい味を出していました。
トゥーフェイスの登場は若干強引でしたが、それでも最後まで楽しめた。
いい年越しとなりました。

当blog、もたまに的にはチョイ役でブルース・ウエインが(MV Agusta)の
F4 1000に跨って街中を走るシーンや、(本当にただ走るだけです、アクション無し)
Lamborghini Murciélago LP640がクラッシュ!
(相当勿体無いことになっている(笑))するシーンとかが気になりました。
流石大富豪の設定である主人公、乗るマシンも違いますね。

そうそう、それから気になったのが今回のバットモービルとバットポッド。
バットモービルは前作のバットマン・ビギンズからデザインを引き継いでいてました。
しかし今回初登場のバットポッドは何故あんな
ぶっといタイヤと奇抜なデザインになったのかが
不思議で仕方なかったのですが、登場の仕方を映像を見ると納得。

以前プロモーションでTOYOTA F1がプロモーションで一緒に写っている
写真がありました。rsportscars.comから拝借。
F1マシンと比較するとどちらも結構デカい。

BatmobileF1_Batpod 

このバットポッドかなり活躍しています。

そして思い出したのがバンダイが昨年発売されたこのトイ。
独身の頃なら思わず購入していたかも・・・。
というぐらいカッコよくできています。勿論バットポッドも付属でバットマンが跨ることも可能です。

「羊たちの沈黙」シリーズの最新作、
 
 
ついこの間DVDがレンタルされたので見てみました。
 
ストーリーの途中で出てきたバイクのシーンはそんなに長くはないのですが、ちらりとタンクにそのマークが映っていました。
さぁクイズです。
そのバイクはなんだったのでしょうか?
 
答えは
MV AGUSTA 175 CSTL 1958モデルでした。
(反転してみて下さい。ソースは一応見つけました→コチラ)
 
このシリーズは最初から見ているのですが、正直今回はうーん、あっさり目でした。
(描写ではなくて、脚本とかね)
 
間違った日本の描写がそこかしこにあって、日本人から見るとなかなかイタい作品となってしまったのが残念です・・・。

DVD観賞中。

只今連続でDVDを観賞中。
本日はネットを繋げていないので何がどーなっているのかわかりません。

こういう日がたまにはあってもいいかもね。

追記、見たDVDは「ディパーテッド」とその元ネタの「インファナル・アフェア」です。順番としては後者を先に見て、次に前者という順番だったのですが・・・。やはりオリジナルは超えられないってのが感想でした。ハリウッドもホントにネタ切れ起こしているんじゃなかろーか・・・。

家庭の事情でスカパーに入れないウチは、こういうダイジェスト版って重宝するんですよね。
昨年の前・後編も購入しました。
今年は3編にまとめるそうです。
 
今年は飛びぬけてポイントを稼いでいるライダーがいないので、混戦模様は見ごたえ満点!
 
ソースはコチラ→bikeplusさんより。
 
できれば解説無しの副音声とかつかないかな~。
えーと、ソニー・ピクチャーズの回し者ではございません。
 
前にも何度か書いた
 
 
が遂に、今週末公開です。
既に知り合いがアメリカのアマゾンでコレを予約したとかしないとか・・・。
早すぎるよ(笑)。字幕ついていないぢゃん。
 
ちょっと脱線しましたが、これは久々に映画館で見たい。
そーいや、コレの前に映画館行ったのは「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」でした・・・。
ベタだ。
mixiにも同じ内容のことを書きましたが、
クリスマスプレゼントに
 
「Turn8 ラグナセカの青い空(初回限定版)」
「スーパーバイク選手権2006(前編)」
「スーパーバイク選手権2006(後編)」
の3本を貰いました。
 
嬉しい!!
 
WSBK好きにとって久しぶりのオフィシャルDVD。
 
そして「Turn8」は初回限定版が手に入るとは思っていなかっただけにビックリ。
 
この年末年始の楽しみが増えました。
ジェット・リーの「Spirit」を見終わって、ジョージ・クルーニーの「シリアナ」をこれから見ます。
 
blogの更新はまた後で。

今からTSUTAYAにDVDを返しに行ってきます。

SIN CITY

うーん、びみょ~だったな…。アメコミ調の表現をした独特の画面。それが少し見辛い・・・。

暴力の表現とかもちょっとグロかったし。

 

オムニバス形式のストーリーだけど、ブルース・ウィルスが1番おいしかったポジションにいるかも。

 

 

 

 

大分から就職活動中で上京している義弟を連れて、ヨメさんと3人で晩飯を喰いに横浜へ。
前から義弟が興味を持っていたということで「もんじゃ焼き」を食して帰宅。
満足して満腹になっていたので、こちらも安心。
 
そしてヨメさんが3人で見ようと借りたもう1本(CUBE ZEROはヨメさんの趣味です)が、
 
 
でした。
映画で見たいな~、と思っていましたが上映中にはいけませんでした。んで、TSUTAYAでDVDを借りる毎度のパターンと相成りましたがこれはなかなか面白いですよ。
 
特に夫婦やカップル向けですね。
話は正直なところ出来が甘くて突っ込みどころ満載ですが、やはり夫婦に隠し事はしてはいけないんだなぁ・・・と痛感。そして言いたいこともきっちり言わないとダメ、ってのがテーマって所でしょうか。
 
お互いウソをつきまくっている夫婦生活ですが、そのウソが明るみになっていく過程でオトコが怒るところとオンナが怒るところでビミョーに違う所は笑えました。
 
でもオンナの方が強いのは世の常なんでしょうね・・・(遠い目)
 
さて、なんでMotoGPのレビューを書かずにこんな事を書いているかというと、TV放送まで待っているのです。
ネットで結果なんてすぐ見れますが、我慢我慢。
やはりドキドキして見たいよね。